第25回風工学シンポジウム

風工学シンポジウム薫風賞

【第25回風工学シンポジウム 薫風賞受賞者】

第25回風工学シンポジウム薫風賞の受賞者は以下の3名に決定しました.

1)坪倉佑太氏(京都大学大学院工学研究科)(プログラムNo. 27)
タイトル:CFDによるドライガーゼ法捕集装置近傍での塩分粒子の挙動評価
著者:○坪倉佑太, 石渡純也, 徳増秀俊, 白土博通, 野口恭平, 八木知己

2)大風翼氏(東京工業大学環境・社会理工学院)(プログラムNo. 36)
タイトル:LESによる市街地風環境予測のためのデジタルフィルタを用いた人工的な流入変動風の生成
著者:○大風翼, 持田灯

3)中村良平氏(大成建設(株)技術センター)(プログラムNo. 40)
タイトル:平板屋根上の圧力場と流速場の相関性に関する検討
著者: ○中村良平, 谷口徹郎


第25回風工学シンポジウムでは,若手研究者による優秀な論文に対して「風工学シンポジウム薫風賞」を授与します。

第25回風工学シンポジウムより,受賞の対象者が下記表彰規定の第4条「受賞の対象者」に記載の通りに変更となりました.表彰規定の詳細は下記をご確認ください。

風工学シンポジウム薫風賞表彰規程

  • 2013年9月26日制定
  • 2014年10月14日改定
  • 2016年4月10日改定
  • 2018年4月13日改訂

「目的」

第1条
本賞は,風工学シンポジウムにおいて発表された優れた論文を表彰し,もって研究者の同シンポジウムへの関心を高め,風工学研究への取り組みを奨励・推進することにより,風工学の発展をはかることを目的とする。

「賞の名称」

第2条
本賞の名称を「風工学シンポジウム薫風賞」とする。

「規程内容」

第3条
この規程は,第2条に定める賞の授与に関する基本事項を規定する。

「授賞の対象者」

第4条
論文の筆頭著者であり,当該研究の遂行上,中心的存在と認められ,かつシンポジウムにおいて当該研究を発表,質問に応じた若手研究者であり,シンポジウム実施年度当初における年齢が満45歳以下の者とする.なお,同一研究者の複数回にわたる受賞は妨げない。
対象論文の共著者は,受賞への貢献を授賞対象に含めることとし,下記のように賞状に氏名を明記する。 受賞者 (氏名)
受賞への貢献 (共著者1氏名),(共著者2氏名),...

「授賞の決定」

第5条
第2条に定める賞の授賞は,風工学シンポジウム査読委員会の推薦により,風工学シンポジウム運営委員会が決定する。

「規程の改廃」

第6条
本規程の改廃は風工学シンポジウム運営委員会が決定する。